Customer Logins

Obtain the data you need to make the most informed decisions by accessing our extensive portfolio of information, analytics, and expertise. Sign in to the product or service center of your choice.

Top Sites

IHS Maritime & Trade Seminar - Dry Bulk Market Outlook

alt text

Jul 23, 2015
Tokyo, Japan

IHSマリタイム&トレードセミナーに是非ご参加ください
「ドライバルク船のマーケットアウトルック」

近年のドライバルク市場では、市場の混乱を招くバルチックドライバルク指数の激しい変動(同指数は2008年に最高水準に達してから90%下落し、2015年2月には30年ぶりの最低水準となった)、および市場回復の時期に関する不透明さから、ボラティリティが極端に高まっています。

世界のドライバルク市場を理解することは、日本の貿易にとってきわめて重要です。IHSは、鉄鉱、原料炭、燃料炭、穀物、およびマイナーバルクに依存する部門の経済成長に関するデータを保有しています。これが当社にドライバルク海運関連の需要をもたらしています。船舶輸送能力の過剰が著しいということはよく知られていますが、その程度は?保有船舶の使用年数から見て、短・中期的な見通しは明るいのか?2025年または2030年における貿易の収益性の見通しは?また、ドライバルク市場に特化した貿易業者にとっての意味合いは?

このセミナーでは、急速に拡大する一国の経済(すなわち中国)への集中が弱まり、先進国と新興国の両方を含むより多角的なモデルへと移行するなかで、日本および世界のドライバルク市場が低成長期に入りつつあるということを、当社の専門家が説明します。ドライバルク市場は、より効率的で、より経済性が高く、より環境にやさしいものとなっていきます。

このことは日本の貿易に影響を与えます。技術面でのリーダーシップを維持しつつ収益性を高めるにはどうしたらいいのか?保守的な業界のニーズに応えつつ、先鋭的な新しいアイデアを生み出すにはどうしたらいいのか?IHSは、こうした数多くの質問に独自の洞察を提供することができます。

本セミナーで扱う主なテーマは以下の通りです。

  • 世界、アジア、日本のミクロ経済予測
  • 短期的な経済予測とFTAやTPPにともなって生じ得る貿易取引の変化を反映した、日本関連の資源需要
  • 世界貿易における日本の貿易トレンド、および予測
  • コンテナ化/非コンテナ化ドライバルク商品貿易

Join us for our IHS Maritime & Trade Seminar in Tokyo
"Dry Bulk Market Outlook"

The dry bulk markets have witnessed extreme volatility in recent years, with significant levels of litigation disrupting the market, strong fluctuations in the Baltic Dry Bulk Index (The Index has fallen by 90% since reaching a high in 2008, and in February 2015 we saw the worst performance in three decades), and uncertainty as to when the markets are likely to recover.

Understanding the global dry bulk market is critical to Japan’s shipbuilding industry. IHS has the numbers on economic growth in sectors that rely on iron ore, metallurgical coal, thermal coal, grains and minor bulks. This gives us demand for dry bulk shipping. It’s well known there’s too much vessel capacity, but how significant is this? Does the age profile of the fleet suggest better prospects in the short- to medium-term? What are the prospects for shipowner profitability in 2025 or 2030, and what are the implications for shipbuilders specialising in the dry bulk sector?

In this seminar, our experts will show that the dry bulk sector, in Japan and more globally, is entering a period of slower growth as the focus on one rapidly-expanding economy – China – softens and shifts to a broader, more diverse model covering both developed and emerging economies. Dry bulk ships will become more efficient, more economical, and more environmentally-friendly.

This has consequences for Japan’s shipbuilders. How can they boost profitability while maintaining technological leadership? How can they create radical new designs while serving a conservative industry? Many questions to which IHS can offer a unique insight.

Key topics to be covered in the seminar include:

  • Global, Asia and Japan microeconomic forecasts
  • Japan-related demand for resources refracting near-term economic forecasts and possible changes on trade with FTA/TPP
  • Trends in Japan global trade & World Trade Service – Dry Bulk to the world with projected forecast
  • Containerized/Non Containerized dry bulk commodity trade
Filter Sort